ご利用のみなさまの声をもとに4月より改善いたします

いつも国立赤城青少年交流の家をご利用くださりありがとうございます。
交流の家では、アンケートなどでご要望いただいていた内容をふまえ、4月より下記のような改善をはかります。みなさまにとって利用しやすい施設づくりをめざして参ります。どうぞ今後も交流の家へさまざまな声をお届けください。

1.入浴時間を23時までに変更しました
入浴時間を23時までに30分間延長いたしました。
ただし、就寝時間は23時のままですので、できるだけお早めにご入浴くださいますようお願いします。

2.朝の時間を変更しました
起床時間を6時、朝のつどいを7時、朝食開始時間を7時20分からに変更しました。
朝の慌ただしさ、食堂の混雑の解消につながればと考えております。

3.館内を土足で使用出来るようにいたしました
いままでは上履きをご用意いただき、玄関で履き替えをお願いしていましたが、体育館・アクティビティホール・プレイルーム(2階)・柔剣道場のみ上履き(体育館履き)使用としそれ以外は土足利用可能にしました。
講堂へも土足のまま入ることが出来ます。
登山靴やスパイクなど、底の硬い靴をご利用の場合は、館内履きをご用意くださるようお願いします。

変更点(平成27年4月より)

カテゴリー: 新着情報, 重要情報 パーマリンク